住宅

K様邸 リビング壁面装飾

[設計施工会社] 株式会社フロンヴィルホーム千葉 

[インテリアコーディネイト] 有限会社アトリエ ラ メゾン 永井佳子様

[撮影] 2017年3月

イメージを実現させるモールディングの楽しみ

 

開口部装飾/製品名:サンメント・サンメントアール
①開口脚部(直材)
 A196AY(1本:高さ120×奥行60×長さ3650mm)
②開口上部アール
特注A型A196AY(1本:直径φ11690×奥行60×長さ4300mm)

壁面装飾/製品名:エレガンス
③廻り縁(直材)
EA312(1本:高さ82×奥行50×長さ2300mm)
④壁面フレーム(直材)
EB120(1本:高さ40×奥行18×長さ2300mm)
⑤壁面フレーム(コーナー材)
EB120D(1個:高さ147×幅147×厚さ18mm)
⑥装飾材:EU211(1個:高さ186×幅615×厚さ57mm)
⑦装飾材:EU209(1個:高さ160×幅184×厚さ35mm)
⑧装飾材:EU200(1個:高さ80×幅300×厚さ14mm)

白を基調としながら黒とゴールドを効かせたインテリアに

閑静な住宅街に暮らすK様ご一家は、ご夫婦とお子様4人の6人家族。家族で時々泊まるお気に入りのホテルがあり、昨年竣工した自宅の外観は、そのホテルの雰囲気に合わせたものにしました。

一方、内装はご主人の希望で、海外のゴージャスなホテルのイメージにすることに。インテリア全般を手がけたアトリエ ラ メゾンの永井佳子さんは、設計の段階からK様との打ち合わせに参加したと言います。

「K様がご自分で理想とする内装の画像をインターネットなどで集められていたんです。そこで、それに合わせて各部屋のCG画像を用意し、毎週のようにご自宅に伺って、1つ1つ確認しながら実際のインテリアを決めていきました。モールディングも、写真のように細かい模様を入れたCGを作って、現物に近いものをイメージしていただくようにしました。」