住宅

N様邸:リビング吹き抜け天井

[撮影] 2017年3月

笑顔の絶えない我が家のグリーンルーム

製品名:エレガンス
①メダリオン: EF116(直径φ1003×厚さ70㎜・重さ3.8kg)

製品名:パレモ
②天井廻り縁(直材): CY250CG(高さ250×奥行90×長さ3600㎜)

製品名:サンメント
③出窓部横ボーダー: A376(1本:高さ60×奥行21×長さ3650㎜)
④出窓部縦ボーダーコーナー材: A319(1本:高さ90×奥行60×長さ3650㎜)
⑤出窓部縦ボーダーセンター材: A432(1本:高さ150×奥行30×長さ3650㎜)

製品名:丸枠窓
⑥丸枠窓: UM61(1セット:高さ1200×幅800×奥行160㎜)

ウィリアム・モリスの グリーンルームをイメージ

建築にあたっては、写真集やネットから非常に沢山の西洋建築の画像を集め、イメージを膨らませました。 そのイメージを設計会社に伝えるとともに、内装に関しては自らも研究しデザインをしました。 そして、そのイメージを実現させる大きなエレメントがモールディングだったと言います。
「モールディングのカタログは、何冊も何冊も取り寄せて、毎日、ずーっと読んでいました。もう愛読書といってもいいくらいです(笑)。 青山のショールームにも足を運びました。 カタログは今でも新しいことができないかとよく見ています。」

ご自宅完成前は社宅暮らしでしたが、その部屋でも、自分で部材を買ってきてモールディングを施していたそうです。
「無意識のうちにやっていましたね。今も、自作でデザインしたモールディングがいくつかあります。 デザイン次第で、いろんな様式のイメージができあがるのがモールディングの楽しいところ。 どちらかというとアール・ヌーヴォーですが、僕は全体の統一感があれば、様式にはこだわりません。 庭に面した窓は、フランク・ロイド・ライトを意識して直線的なモールディングを施しています」